創立120周年記念事業の概要

 広島県立庄原格致高等学校創立120周年記念事業実行委員会は,平成29年度に迎える創立120周年を記念して,以下の事業を計画しています。

1 創立120周年記念式典
   平成29年11月4日(土)

2 記念講演及び祝賀会

3 母校の教育振興支援及び環境整備

4 同窓会運営基金等


広島県立庄原格致高等学校創立120周年記念事業実行委員会会則

(名称)
第1条  本会は,広島県立庄原格致高等学校創立120周年記念事業実行委員会(以下「本会」という)と称する。

(所在地)
第2条  本会の事務局は,庄原市三日市町515 広島県立庄原格致高等学校内に置くものとする。

(目的)
第3条  本会は,広島県立庄原格致高等学校が平成29年に創立120周年を迎えるにあたり,記念事業及び支援事業などを実施することを目的とする。

(会員)
第4条  本会は,次の会員をもって組織する。

  • (1)庄原格致高等学校同窓会及び東京庄原格致会,近畿庄原格致会,広島庄原格致会
  • (2)庄原格致高等学校PTA
  • (3)庄原格致高等学校教職員
  • (4)本会の目的・趣旨に賛同する者

(役員)
第5条  本会の事業を行うため,次の役員を置く。

  • (1)会長             1名
  • (2)副会長           若干名
  • (3)事業担当委員長及び副委員長 12名
  • (4)事務局長           1名
  • (5)事務局次長         若干名
  • (6)事務局員          若干名
  • (7)監事             2名

2 必要に応じて顧問を置くことができる。

(役員等の選任)
第6条  役員の選任は,次のとおりとする。 

  • (1)会長は,同窓会長をもってあてる。  
  • (2)副会長は,学校長,PTA会長,同窓会副会長,東京庄原格致会会長,近畿庄原格致会会長,広島庄原格致会会長をもってあてる。
  • (3)事業担当委員長は,実行委員の中から会長が委嘱する。
  • (4)事業担当委員は,会長が委嘱する。
  • (5)事務局長,事務局次長,事務局員は会長が委嘱する。
  • (6)監事は,会長が委嘱する。
  • (7)顧問は,必要に応じて会長が委嘱する。

(役員等の任務)
第7条  役員の任務は次のとおりとする。

  • (1)会長は,本会を代表し,会務を統括する。
  • (2)副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるときは,会長が指名した順で職務を代行する。
  • (3)事業担当委員長は,担当業務を統括する。
  • (4)事業担当委員は,担当業務の計画を立案し,実行する。
  • (5)事務局長は,会長の命を受け会務及び会計をつかさどる。
  • (6)事務局次長は,事務局長を補佐し,事務局の業務をつかさどる。
  • (7)事務局員は,事務局の業務をつかさどる。
  • (8)監事は,本会計及び業務の執行状況を監査する。
  • (9)顧問は,会長の求めに応じて適宜意見を述べる。

(組織)
第8条  本会に次の事業担当委員会をおく。

  • (1)総務委員会(若干名)
  • (2)式典委員会(若干名)
  • (3)講演会委員会(若干名)
  • (4)祝賀会委員会(若干名)
  • (5)施設整備事業委員会(若干名)
  • (6)募金委員会(相当数) 

(会議)
第9条  会議の構成は次のとおりとし,必要に応じて会長が招集する。

  • (1)実行委員会総会 
  •  会務の協議決定にあたる。
  • (2)役員会
  •  第5条に定める役員で構成し,実行委員会に基づく会務の執行にあたる。緊急の場合は,実行委員会総会に代わり協議決定をおこなう。
  • (3)事業担当委員会
  •  第8条に定める委員会を必要に応じて開催し,担当事業内容の協議をおこなう。
  • (4)事務局会
  •  事務局長,事務局次長,事務局員で構成し,事務の処理をおこなう。

(議決)
第10条  実行委員会総会並びに役員会の議長は,会長があたり,出席者の過半数をもって決するものとする。なお,定足数は定めない。

(経費)
第11条  本会の経費は,寄付金,会費その他の収入をもってあてる。

(決算)
 第12条  本会は,事業終了時には速やかに会計報告及び監事による会計監査報告をおこなう。

(終結)
第13条  本会は,その目的を達成し業務を終えたときは,実行委員会総会の決議により解散する。

(付則) この会則は,平成28年2月10日から施行する。

120周年.png

同窓会報23号.tif
同窓会報22号.tif
同窓会報21号.tif