校名の由来

 中国の儒教の教典である「四書」(大学、中庸、論語、孟子)のひとつである「大学」の八条目に「致知在格物」(ちをいたすはものにいたるあり)とある。朱子の註によれば「広く物の理を究めて以て知識をみがき致す」とあるように、自己を修める道として説かれている。即ち「物にいたり、知を致す」ことは、実に「平天下の端本なり」といって、事々物々の理を究めて知識を得たならば、おのずから是非善悪の分別を誤ることなく、やがて誠意・正心・修身・斉家・治国そして天下をやすらかにするというのである。

 註:「格」とは分析研究、「致」とは到達し自分のものにするという意味である。

学校概要.tif
課程学科.tif
校名の由来.tif
校章校歌.tif
沿革.tif
寄宿舎.tif
アクセス.tif
学校経営計画.tif
平成30年度.tif
学校評価.tif
中間評価.tif
年度末評価.tif
校務運営.tif
運営規程.tif
校務運営組織図.tif
事務室.tif
授業料及び諸納金.tif
在校生.tif
卒業生.tif
学校諸費会計.tif